宗教法人妙厳寺 豊川稲荷

豊川稲荷について
豊川稲荷について

最祥殿

最祥殿

昭和4年竣工総檜造りで、間口十三間(23.6メートル)、奥行二十六間(47.27メートル)の日本式大建築物で内部は四百畳敷きとなり講中、団体などの御信者約千有余人の接待ができる大座敷です。 当山二十九世黙童禅師の揮毫による「此處最吉祥」の大額が正面に掲げられているので、この建物を「最祥殿」と呼んでいます。 このほか、中小の建物があり、参詣の御信者に法悦を味わっていただくことができる設備が甍(いらか)を並べて建っています。