宗教法人妙厳寺 豊川稲荷

豊川稲荷について
豊川稲荷について

総門

総門

この総門は当山の創立から214年後の明暦2年(1656年)に一度改装されました。
現在の門は明治17年(1884年)4月、当山29世黙童禅師によって上棟改築されたものです。
門扉及び両袖の扉は一千有余年の樹齢を重ねた高さ4.5メートル、幅1.8メートル、厚さ15センチメートルの欅の一枚板で、欅独特の鱗のような木目(如輪目)は類い稀な木材として専門家に知られています。
屋根は銅板鱗葺きで、また諸処に使用されている唐金手彫の金具は、優れた技法を示しています。
頭上に祀られている十六羅漢は、名匠で諏訪ノ和四郎その他名工の合作といわれています。