宗教法人妙厳寺 豊川稲荷

豊川稲荷について
豊川稲荷について

山門

山門

天文5年(1536年)今川義元公が寄進した建物で、当山の現存する中で最古の建物で、唯一の丸瓦葺造りの屋根の形をしています。
寛政5年(1792年)に修理しさらに昭和29年春、名古屋かなえ講の協賛によって大修理が行われました。
左右の阿吽の仁王像は、昭和41年に篤信者によって寄進されたものです。